PEES(Personal Energy Evaluation System)
人材は宝である
適材適所を見極め、キャリアアップの指標に

 現代の多様な「背景」を抱えた人材の能力を的確に評価し、従来の面接における評価の限界、既存適正テストへの慣れや対策による信憑性を補完し、戦力となりうる人材の発掘、採用、育成、活用に応える人材能力評価システムです。


pees-report.png結果報告書見本(クリックで拡大)
 人間をトータルに分析するPEESとは、人材能力を知的面、精神面、身体面、生活習慣面という4つの側面から総合的に分析する、採用と職務適性検査のための評価システムです。
能力開発(潜在力の掘りおこし)と適材適所(配置)の参考データとして各市町村、企業、学校関係より好評を頂いております。
 このように私どもは、「人材は、宝である」をあくまでもモットーとしてこれからも研究、開発に邁進する所存でございます。

主な実施事例
地方自治体(各市町村)職員採用及び健康管理
商社、百貨店、重販店、運輸会社、旅行会社、ホテルチェーン等採用試験
重工業会社異動配置のための職務適性検査
教育分野(学校・学級・クラブ活動運営)

PEESの特徴

新しい評価基準の採用
従来のテスト項目(知的エネルギー・精神エネルギー)に加え、能力の発揮基盤として重要なバックグラウンドを知りうるP.E(身体エネルギー)と、L.E(生活エネルギー)を取り入れることにより、行動を起こすまでの原動力までも評価しうることが可能。
指数による分かりやすい結果表示
1~100の指数を使い、明確かつ客観的な評価が可能。
様々な活用方法
評価項目の多様さにより、人材選抜から健康相談、メンタルヘルスケアまであらゆる活用法が可能。
データの信憑性、迅速性
学術データに裏付けされた高い信憑性のうえ、迅速な処理により短時間でデータをお届けします。